アク【タグホイヤー CBP1111.BA0627】鎖〜

TAG HEUER

AQUARACER PROFESSIONAL 200

タグホイヤー

アクアレーサー プロフェッショナル200

CBP1111.BA0627

JPY 290,000円+税

主なスペック : Specifications

•ケース&ストラップ材質:ステンレス

•Case & Strap Material : Stainless Steel

•ガラス材質:サファイア

•Glass Material : Sapphire

•ケースサイズ:40mm : Case Size

•厚さ:約12.4mm : Thickness

•重さ:161.0g : Weight

•駆動方式:電池 / クオーツ

•Movement : Quartz

•20m防水 :  200m Watre resistance

•発売日:2023年

•Released : 2023

TAG HEUER AQUARACER PROFESSIONAL 200 タグホイヤー アクアレーサー プロフェッショナル200 CBP1111.BA0627
CBP1111.BA0627

前回の同モデル、黒文字盤のレビューは何と2ヶ月ぶりのタグ・ホイヤーレビュー

CAZ101AM.FT8054

こちら、2ヶ月前。3色とも同じ内容だったような

あわせて読みたい
大丈夫【タグ・ホイヤー CAZ101AM.FT8054】バレてない TAG HEUER FORMULA 1 QUARTZ CHRONOGRAPH タグ・ホイヤー フォーミュラ1 クオーツ クロノグラフ CAZ101AM.FT8054 JPY 200,000円+税 主なスペック : Specifications ケ...

だったのにも関わらず

ふぅ〜。静かなる美しさよ。

時計のことについて、ほぼ触れていないレビューながら好評で

大きめに見える

それは、わからないことに関しては、もう何も語るまいという著者の潔さが認められた形だろうか。

シンプルで美しいブレス

あるいは、当ブログの常連読者の皆様も案外、時計に興味がなかったらウケるな。

クオーツ

いやいや、そんなこともないだろうし、たまにはマジメに時計をレビューすることも必要ではありましょう。

アクアレーサー

というわけで、こちらアクアレーサープロフェッショナル200は、クオーツ仕様なのでございます。

ストップウオッチ機能付き

取り扱いも、それほど難しいこともなく、また、機械式時計に比べると、時間の精度がよく、価格も低めであるというはクオーツの良い点です。

12角形のベゼル

だったら、機械式時計ではなくクオーツで

いいじゃねえかよ、細けーことは

ということになりそうですが、精度が良くなくとも、高額であろうとも

放り〜振りっピン嫉妬!

やはり価格の高い方を選んでもらいたいというメーカーの思惑と

「見てこれ、すごいだろ

高いんだぜい」

粋がりたいユーザーの思惑が合致したところに向けて、ターゲットを絞っていくのがブランド事業なのでございましょうか。

車だって

「走りゃあいいんだよ」

私のような人がいるのと同時に

「このコーナーリングはまさに

現役江川のカーブや〜」

などとこだわったり、あるいは、内装がどうの、外装がどうのと、走り自体と関係ない見た目に固執する人もいらっしゃる。

時計も同様に、精度以外の見た目や、こだわりに興味を強く持つ方がいるわけでございます。

アップ

揺るぎのない造形精度がタグ・ホイヤーらしくて、また

ほら!

素晴らしいですねえ。

装用感はグッド

時間がぴったり合うスマホ保有がデフォルトの現代、腕時計に求められるのは精度ではなく、マナーであり

30万円前半なので高コスパ

資本社会的なステイタスであり

自意識

己を美しく装飾しているという自己満足を満たすものだったりするわけです。

3年前ながら、人気エントリー。初々しくて、ちょっと恥ずかしい、

あわせて読みたい
腕時計を【グランドセイコー SBGW235】装用する理由 米津玄師の『サンタマリア』を聞きながらお読みください。 【】 それらしい見た目の人が現れた時、我々の多くは同じような行動を取るのではないか? みなさんなら、どう...
手首

そんなアクセサリーでもある腕時計をこのように装用して、当ブログが運営するYouTubeチャンネルに、動画をアップしていたりしますと

チャンネル登録していただくと、通知で、当ブログの更新もわかります。

こちらはショート

↓↓↓↓ 在庫や商品についてのお問い合わせ、お待ちしています。 ↓↓↓↓↓

↑↑↑↑ インターネットでのショッピングローンも可能です。 ↑↑↑↑↑

「よ〜、め〜ん」

とか海外の方からのコメントで

「その位置だと手首を壊すよ、シリアスリ〜」

などと丁寧にご指摘をいただきます。

商品なので、ガッツリ装用するわけにはいかず、サラッと乗せているだけということもありますが、腕時計をアクセサリーとして装用したい私としては手首の奥に着けるより、ジャケットから覗かせるスタイルが良いのではないかと思うわけです。

例えば、ジュエリーやアクセサリーである

「ブレスレット」

ってあるじゃないですか。

ブレスレットって、手首や手の甲にかけてゆっくりと着用するのであって、グイッと肘の方に捲くりあげていたら、ちょっと、何じゃあないかなあと思ったりするのですが。

いい表情

まあ、特に落ちはありませんけど、そんなわけで、今回は終わり。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次